教師 いじめ 処分。 教員いじめまとめ!実名特定!処分が甘い!犯罪で逮捕はない?炎上|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

神戸・東須磨小教員間いじめ 加害教諭2人を免職処分、2人は停職と減給

教師 いじめ 処分

【関連記事】 パワハラいじめ被害は他にも いじめ加害者の先輩教員4人は、 20代の男性教員の他にもいじめなどの行為を行っていました。 被害に遭ったのは20代の男性教員1人と、同じく20代の女性教員2人。 女性教員に関しては、 セクハラの被害にも遭っていたという事でした。 セクハラを行っていたのは、 30代の先輩教員2人だったそうです。 次から次へと明らかになるいじめの内容に、開いた口がふさがりませんね。 傷害事件もなぜ謹慎ではなく有給休暇なのか 被害に遭った男性教員の家族は、 加害教員の処分内容と、学校の対応によっては刑事告訴も検討していると話していることが分かっています。 しかし実質、現在のところ何も処分は与えられていません。 また校長の責任を問うような事実もありません。 加害教員の有給休暇については、 「自宅謹慎という制度がない」という理由からだそうです。 現時点で何も処分欠かされていないという事は、やはり他の小学校などに異動させて処分扱いにするということでしょうか。

次の

福岡市「教師によるいじめ」事件

教師 いじめ 処分

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)で起きた教師激辛カレーいじめ問題で神戸市議会がやりすぎとも思える条例改正案を可決しました。 神戸市立東須磨小で男性教諭(25)が同僚教諭4人からいじめや暴行を受けていた問題で、市議会は4日、市立小中高の校長や市教委幹部ら約320人分の冬のボーナス(期末・勤勉手当)の増額を見送る条例改正案を賛成多数で可決した。 より引用。 記事によれば、ボーナス増額を見送られるのは市立学校の校長や事務長約250人と市教委事務局の課長級以上の職員約70人。 他の職員については、市人事委員会の勧告を受け、年間のボーナスを昨年比0・05カ月増の4・5カ月分とし、金額にすると総額で計約1000万円分になるそうです。 この行き過ぎた連帯責任と思える神戸市議会の条例改正案可決に、ネットでは「そもそも連帯責任がありえない。 」「次にいじめが発覚した時の布石。 」などという声があがっています。 この記事では、神戸教師激辛カレー事件で今まで下されてきた処分と、みんなの反応をまとめて紹介します。 教師いじめ加害者に対する今までの処分 神戸教師激辛カレー事件の加害者教師に対する処分として、10月31日付で4人の加害者教師に対して給与を差し止める分限休職処分が下されています。 この処分に対して加害者教師の1人が、 「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ。 (被害教諭も)楽しんでたぞ」「マスコミが騒ぎすぎや」など無反省ともとれる発言をしていたといいます。 また、加害者教師の知人によると、『いつまで騒動が続くんや。 外にも出れない、軟禁やな』『教員免許は取り上げられないだろうから、ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる。 今は先生のなり手が少ないからな』など加害者教師が話していたと報道されていました。 こんな人のせいで連帯責任って…。 と考えるとやりすぎなのではと思ってしまいます。 教師いじめ加害者が反発!給与差し止め不服で神戸市人事委員会に審査請求 加害教員4人のうち30代の男性教員1人が、処分を不服として取り消しを求め、市人事委員会に審査請求したことが報道されていました。 審査請求した加害者教員は、「職員の意に反した休職について、刑事事件で起訴された場合に限る地方公務員法の委任範囲を超えている。 身分保障の観点から適当ではない」と市を痛烈に批判。 これに対して神戸市は、加害教員4人に有給休暇を取らせていることに市民らの批判が殺到したため、4人の給与差し止めを念頭に条例を改正。 分限休職処分の対象に職員が重大な非違行為を犯し、起訴される恐れがある場合などを追加したとあります。 給与差し止め不服の審査請求に対してのみんなの反応は、真っ当な反論すぎる。 給与差し止めはやりすぎだとの意見もあるからなぁ。 不服で取り消し請求する前に市民の前に出て来いや!など賛否両論の声があります。 神戸市議会によるボーナス増額拒否の条例改正可決に対するみんなの反応 神戸市議会によるボーナス増額拒否条例改正へのみんなの反応を調べると、「行き過ぎ」「その学校だけでよい」「隠蔽体質が悪化する」など市議会の決定を疑う声が多いです。 【神戸教師激辛カレーいじめ】神戸市内小中高の校長・市教委幹部ら約320人に強制「連帯責任」発動!冬のボーナス増額を見送り! その学校だけにしよう— blackkumasann blackkumasann1 そりゃ見てみぬ振りをしてたんだから当然だろ 真面目にやってる人もいるなか連帯責任でこんなことされたらキレるわ いじめ当該教諭と教育委員会だけ減俸とかでいいよ。 自らの時間を削って学校や生徒に尽くしてくれる先生方には正当な報酬をわたさないと! 隠蔽体質が悪化するだけやんけアホか 連帯責任ならその問題があった学校だけで良くないか?w より引用。 連帯責任の理由:学校長が集まって人事を決定する「神戸方式」に疑問の声も 教諭人事について、市内の校長が集まりいらない教員を決め、教育委員会がその結果を追認する「神戸方式」がとられていたそうです。 学校長の意向が働く人事が今までとおっていたのだから、今回のボーナス増額なしの連帯責任もあたりまえだという声もあります。 以上を踏まえて全く責任がないと言えるのか?むしろ原因の根本だろ?ってのが今回の処分の話 より引用。

次の

教師いじめ★蔀俊

教師 いじめ 処分

Contents• 東須磨小学校で教師による教師のイジメ動画流出!なぜいじめが起こる? 神戸市教委は被害者や加害者の氏名までは公表しなかったが、たちまちネット上で実名が公表され、いじめの現場を撮影した動画までが拡散されてしまった。 いわゆる炎上であり、ネット社会の恐さでもある。 炎上したためか、マスコミでも多くとりあげられている。 しかし、センセーショナルな事件ゆえに、「東須磨小だけの問題」とか「東須磨小の一部教員だけの問題」で済まされる可能性もある。 ワッと騒いでスッと忘れるのも、ネット社会の特徴だからだ。 そうやって早く忘れ去られてしまうことを、実は神戸市教委は期待しているのかもしれない。 文部科学省(文科省)にしても、自分のところまで火の粉が飛んでこないうちに下火になることを願っていることだろう。 しかし、これは「東須磨小学校だけのこと」で済ましておける問題ではない。 ここまで悪質な例は珍しいかもしれないが、教員同士のいじめは、多くの学校に存在するのが現実だ。 いじめまでいかない「嫌がらせ」は横行している、と言ってもいい。 その最大の要因は、学校がストレス社会になっているからである。 ストレスの発散手段としていじめや嫌がらせが横行し、さらにストレスを助長させているのである。 出典:ヤフーニュース.

次の